をたくさ TOP  > 

「桜舞う西海ノ暁25」その2

sig6n41.jpg

年間複数開催から年一、連日開催へと変わって久しい
時雨オンリー。アルカスから凱旋記念館と場所も
変わったが訪れる提督たちの情熱は変わらないのであろうか。

今回からは先日開催された艦これ公式イベントで艦これ
オーケストラの開催場所としても使用された経緯からか
収容人員数の面での猶予があったとの噂も会場で聞く。
快く迎えられるからにはより一層の提督たちの現地での
振る舞いにも注意が向くのではと気を引き締める思いだ。

sig6n39.jpg 
▲写真は意図的にぼかしたわけではなくFTとMを勘違いした…

初日はどちらかというと前乗りのサークルさんや一般参加の
方々に向けての佐世保散策やクルーズなどが有志で計画され
ていたりと、会場外でのイベントが盛り上がっている印象だ。
自分と同じように佐世保バーガーコラボ行脚に勤しんだ
提督たちも多く目にした。なんにせよ今回の時雨オンリーは
艦これというより佐世保に目を向けた楽しみも充実している。

およそ1時間ほど掛けてパールシーから戻ってきた会場。
まずはお知り合いのサークルさんへと顔をださねば…

企業参加していた「ホビローズ」には驚くようなレアアイテムが!
sig6n42.jpg 
▲「防衛食」!当時の陶器製保存食やないか!!
実物は原爆資料館の特別展示の際に目にしたことはあったが
まさかこの手で触れる機会があるとは…現存する陶工の
デットストックのようで、これはかなり貴重な資料だ。

一般で参加ならではと、参加したことのないお絵かき交場にて
ちょっと描き描きしてきた。
sig6n38.jpg 
▲本当に時雨って描くの難しい…愛が足らんのでは…

さて初日のメインイベントに置いていたクルーズ会場に
向かいながら佐世保アーケード、「佐世保鎮守府巡り」の際の
写真も交えてレポしていきましょう。

sig6n11.jpg 

早々に撤去されてしまった時雨のポスター。時雨もいいけど
二眼カメラ欲しくなるなぁ…安いLubitel探してみるか…

sig6n17.jpg 

もちろん時雨のクリアファイルはゲットしましたが
夜勤明けのメンタルではそれ以上の活動はきびしかった…

sig6n20.jpg 

公式イベントのくっけん広場は物販の盛り上がりもあり
長蛇の列であった。今回はゆっくり展示物を見学する。

sig6n13.jpg 
sig6n14.jpg 
sig6n16.jpg 
▲フィギュア! フィギュア!! フィギュア!!!

いや最後は模型でしょ…三笠といえば佐世保で一度擱座して
無事復活した戦艦として馴染み深い艦ですね。敷島の資料として
バリバリ写真撮りましたよ!

sig6n15.jpg 

V・ファーレンのパブリックビューイングを背に撮影。二度目の
シャッター時に歓声が上がって写真がぶれたのは秘密だ。


今回で3回目の参加になる佐世保軍港クルーズ。えりさん主催
最大人数100人超の大所帯クールーズとなった。佐世保に
護衛艦「いせ」が配備になってから自分にとっては初めての
クルーズなので、その雄姿を存分に撮影したいと楽しみに
していたのだ!

sig6n32.jpg 
sig6n43.jpg 
sig6n44.jpg 
sig6n33_201805291955057fa.jpg 
▲「いせ」しゅごい!クルーズ船も傾く人気!

sig6n34.jpg 
sig6n35.jpg 

いや~今回のクルーズは艦の数と迫力に圧倒された!
普通のクルーズではなく艦これファンが集ったクルーズとも
あり船上もかなりの盛り上がりであった。

sig6n12_20180529195905c7d.jpg 

このクルーズにて初日の予定は終了。夕ご飯を「大善」で
食べようと思っていたが終了していたので駅前のカレー
屋さんで即麦酒した。この晩酌セットは大当たりだった!

sig6n29.jpg 

さてさて次はどんな路地裏の飲み屋を試すかなと
思いつつ佐世保の夜は更けていった。

sig6n19.jpg 

二日目につづく




[ 2018年05月29日 20:04 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

「桜舞う西海ノ暁25」 その1

sig6n30.jpg

新しくペンタブを購入する資金もできたのでブログ再開です。

今回は四月の佐世保での時雨オンリーと初の九州での開催
艦これ公式イベント「佐世保鎮守府巡り」を併せたレポです。

奇跡的に三連休を職場で勝ち取ったのが事の始まり。
今回の時雨オンリー、どうせなら夜勤明けでハンバーガー
屋さんにも寄れなかった佐世保鎮守府巡りの復習も
兼ねて楽しもう!抑圧されたオタクの財布の紐はもう
この時には開ききっていたのだ…

sig6n18.jpg 
▲佐世保の始まりはいつも朝ブラック。

二日間開催の今回の時雨オンリー、初日の開場はお昼から
ということで小佐世保遊郭群を偲ぶ散索に向かう。
先日露出計の生きたヤシカミニスターをジャンクから
保護したので持ってきた。二重影と距離計の調整がまだ
だったので、目測撮影だったが絞れば別段問題ないようだ。
逆光に弱いのはもう味として楽しむレベルであきらめよ…
それがオールドレンズの醍醐味。

sig6n05.jpg sig6n01.jpg
▲再開発が進み当事を思わせる建物も少なくなってきた。
sig6n31.jpg 
▲50年以上前の機械式カメラは今や捨て値となっている。

再びアーケードに戻りアルパカーキ橋から
ミニッツパークへ抜けるとそこは満開の桜が!

sig6n08.jpg 
sig6n09.jpg 

sig6n10.jpg 

「グレイン ダイナー」さんは艦これコラボとは関係ないが
一度食べたいと思っていたのだが…早く来すぎた。
それならば、と路線バスに乗り「九十九島パールシー」へ。

ここでの艦これコラボ店舗は2店舗…

sig6n25.jpg 
sig6n22.jpg 

sig6n21.jpg 
▲眼の据わった3人は今しか見れない並びや…これは…

sig6n24.jpg 
sig6n26.jpg 

観光地ともあって大賑わい&初夏並みの日差し。海風の涼しさと
美味しい佐世保バーガーで体を満たして会場へと向かう。
(食べ過ぎた…ダイエットもかねて会場まで歩くか…)

sig6n28.jpg 
sig6n27.jpg 

佐世保の軍港の名残は所々に残っている。見つけては写真に
残すのもいいだろう。夏のような暑さの中では勘弁だが…


※会場は次回に詳しく載せようと思います。


[ 2018年05月02日 19:08 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

「もう2018」

sr3.jpg


あけましておめでとうございます。
昨年序盤はイベントやら旅行やらで外へ出る機会も多くあり、
このブログでも取り上げることが出来ました。中盤終盤では
ミラーレスカメラデビューを果たしてオールドロッコールの
沼に嵌るなど、なかなかに趣味が充実した一年だったように
思えます。


まぁ、今年は金欠で思い悩む一年になるかと思います
(毎年やん)がよろしくお願いします。



さて、年末に長崎要塞関連の遺構に訪れる機会がありましたので
まとめ次第ブログに掲載したいと思います。お楽しみに…


[ 2018年01月05日 14:27 ] カテゴリ:日常 | TB(0) | CM(0)

「護衛艦の食卓から」

n073.jpg

毎年そのチケットのハードルの高さと日程調整で断念していた
佐世保での護衛艦カレーナンバーワングランプリに今年初めて
参加することが出来た。直前でロケットマンから妨害を受け
心配したが、大きな問題もなく開催されて安心、いやそこは
自衛隊の方々の任務が第一なので本当にありがとうございました。

n083.jpg
▲平日の早朝配布には一時間以上前から長蛇の列。

n082.jpg
▲30分もしない間に用意された400枚は無くなった…

n077.jpg

さて当日、いつもなら2時間ほどの佐世保までの道程を
3時間以上掛かり到着すると、会場の島瀬公園には大勢の
カレーファンが!いままでの道路の混雑はGC1が原因なのでは…

GC1、護衛艦カレーナンバーワングランプリは現役の自衛官の
方々が所属艦の名誉を競い、オリジナルのカレーを披露し
試食したファン達はスプーンを気に入った艦に投票するという
めったに食べる機会がない自衛隊のカレーを存分に!そして
数多く味わえる貴重な体験なのだ。それ故に毎年凄い人手だ…

n072.jpg
▲今回はこの7艦が競うぞ!

n075.jpg
▲隊員さんの見事な人海戦術で配膳は滞りなし。流石だ!

どのカレーも2日以上前から仕込みをするという気合の入れようと
活気に驚きながらもカレーの食欲を誘う香りが会場を包む。

n074.jpg
▲「もう全部優勝でいいんじゃない?」

何というか、全部のカレーが独自のコンセプトで丹念に仕上げられて
どれひとつ似通った味のものがなかったので、これに優劣をつけるのは
難しい…完全に個人の好みでしか決められないじゃん。というのが
感想だった。
n076.jpg
流石にカツは持ってこなかったが、一応と用意していた2膳分の米も
一緒に食べてしまうほど魅力的なカレーでした。えぇ、それはもう
投票を忘れるほど食べることに専念してまった。



n081.jpg
▲優勝は佐世保に来たばかりの“いせ”でした!
呉でのグランプリ優勝を引提げて佐世保でのグランプリも勝ち取った
護衛艦いせ。おめでとうございます。
公式からの提供での伊勢スタンドも登場して会場は盛り上がりました。

n080.jpg
▲貴重な佐世保の朝長則男市長と伊勢のツーショット。

n079.jpg
▲佐世保に来たらやっぱり玉屋の屋上に行かないとね。

[ 2017年12月11日 11:15 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

「続・大は小を決して兼ねない」

n071.jpg
まずはSMENAから集めよう!

某ロシアカメラフリークの先輩にお勧めのコンパクトな
フィルムカメラを相談したお話だが、現状で手に入りやすく、
手持ちの広角28mm以上の画角を得られるカメラを条件に
お勧め頂きました。カリッとした画質を求めるなら
「食事一食分で買えるオールドより給料数カ月分で
現行のレンズを買いなさい」
と突っ込まれた。

n069.jpg
Vivitar Ultra Wide&Slim

えらくコンパクトで総プラスチックのちゃっちいカメラだが、
トイカメラ界ではカルト的な人気を博した35mmフィルムカメラ。
プラスチック製の22mmというワイドレンズはフレアを通り越して
フォトショのエフェクトですか?と驚く強烈な逆光否耐性と
注意していないと撮影者の指や足まで写り込むようなカメラで
ファインダー覗いて撮影するよりコンデジを構えるように撮影
するので、偶然的に面白い写真が撮れる、というのが先輩の言。

Vivitar自体のカメラは現状手にいれるのは難しいが、正規や
不正規問わずOEM製品が蔓延っているので比較的安価に手にする
ことができるそうだ。


n070.jpg
LAST CAMERA

「レンズ交換式プラモデルカメラ」というそれこそガンプラを
作る感覚でカメラを自分で作ってしまうというコンセプトの
カメラで、自由な発想で自分好みに改造できることが売りで
あるそうだ。レンズはプラスチック製の22mmと45mmで意図的に
光線漏れなどの演出が出来たりと面白いカメラだという。

現状でも販売していて5000円以下で購買できる新品のフィルム
カメラと考えると貴重な気がする。

さてさて貴重な意見を頂いたわけだが、どちらも購入するのは
いつになるやら…年末は金欠だ。
[ 2017年12月01日 19:03 ] カテゴリ:カメラ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

オニオンジュース筆頭画廊

Author:オニオンジュース筆頭画廊
黒髪美女とお酒をこよなく愛する三十路男のブログ。

最新コメント
最新トラックバック
イラストなど
pixivやってまーす。
Twitter